借りる.com 画像
キャッシング/消費者金融比較 看板画像
矢印返済計画

返済計画をしっかりと
よく一般的に言われているのは…

「収入の二割が返済の限度」

という事です。
収入20万円なら 4万円
収入30万円なら 6万円

つまり、残り16万円、24万円で生活費が足りなくならないか、十分に検討する事が必要になるのです。

あらかじめしっかりと計画し
健全な借り入れをお願いします。


借り入れを再考すべき

・欲しい物をすぐ買ってしまう
・お金の管理ができない
・我慢した方が良いと思う事を我慢できない。
・「何とかなる」と思いこみ、失敗した事が何回もある。

こういった方は返済計画を立てられない、もしくは返済計画を立てても実践できない、返済が遅れてしまう・返済してゆけない恐れがあります。

消費者金融会社から借り入れを行う前に、返済を続けてゆけるか、もう一度しっかり考えて融資を受けるべきか、判断をしてください。

収入の見通しなど

・収入の見通し
・健康状態
・他のローンなど借り入れ状況
・家賃・光熱費・食費など生活費
・その他支払いや支出
・不意に発生しそうな出費

これら全てを熟慮した上で、借り入れ希望金額を設定する。借り入れ金額はできるだけ低い金額に設定する。

矢印大

できるだけ金利の低い消費者金融会社を選択し、毎月の返済金額を調べる。

矢印大

毎月の返済額を生活費の支出と合算して考え、生活費が足りなくならないか考える。

さて、こうなると大変重要になるのが「安定した収入の見通し」です。今現在の「収入」を見つめ直し、返済してゆけるかどうか見極めをしましょう。

無理な借り入れはしない

無理に大きな金額を借り入れ、「後から収入を増やして返済してゆけばいいだろう」という考え方は間違った考え方です。

今の仕事以外にアルバイトをすれば、返済してゆけるだろう…など負担が増える考え方は不確定要素が多く、返済が滞る危険も増えてしまいます。
矢印-借りる.com- Top-Pageへ